戦争・兵器 歴史・戦争

潜水艦救難艦「ちはや」が熱海港寄港

更新日:

潜水艦救難艦ちはや。突如熱海港に寄港。かつてなかった寄港だけに、中国の海洋進出阻止に関係あるかと思いその姿を追ってみた。
012
全長128M。向こうには熱海の山々が聳える熱海港に。

SPONSORED LINK

011
船首部分。

010
熱海港の向こうは「熱海」駅から続くホテルが林立。

008

006
割と地味な看板

004
遠景。海釣り公園の途中の岸壁に無造作に着岸。

005
真中の空間から深水救難艇を降ろす。

007
右の倉庫から左に引っ張り出して、直接海水面に着水させ救助に向かう。

080914jmsdf006d_c
深海救難艇(引用)。これで450Mまで潜れる。009
艦長らしき人(おそらく二等海佐)に「中 見られません?」と尋ねたが、当然「すみませんダメです」のお答え。でも「パンフレットをお持ちになりますか?」と優しいお言葉。当然「はい」。

013
パンフレット表。

014
パンフレット裏。

2001年ハワイ沖で愛媛県の水産高校生の乗る訓練船が、米海軍の原子力潜水艦の”急速浮上”により沈没させられた「えひめ丸」の事故でも派遣され、行方不明者の捜索にあたったのが、これである。

因みに今回の寄港は中国の海洋進出阻止とは関係ない。

-戦争・兵器, 歴史・戦争

Copyright© 蜂パトロール隊 , 2018 All Rights Reserved.