その他

素晴らしきかな日本、アインシュタインの予言とことば

更新日:

私は右翼でも何でもないが、(A新聞に限らず)マスコミがこぞってわが国のことを、悪く書くことによって、その聡明さをひけらかすような記事、主張に辟易している日本人の一人である。それらの誤った記事等によって、善良なる国民や若者が、日本や日本人としての誇りを疑い、失っていることをそら恐ろしく思っている。

そりゃショウもない政治家やショウもない経営者やショウもない若者も、ショウもないおっさんもいるけど、日本という国がどういう国か、これは1922年に来日したかのアインシュタイン博士の予言とそのことばに集約される。

                    来日    ベー

SPONSORED LINK

『世界は進むだけ進んでその間、幾度も闘争が繰り返され、最後に闘争に疲れる時が来るだろう。その時、世界の人類は必ず真の平和を求めて、世界の盟主をあげねばならぬ時が来るに違いない。その世界の盟主は武力や金力でなく、あらゆる国の歴史を超越した最も古く、且つ、尊い家柄でなければならぬ。世界の文化はアジアに始まって、アジアに帰り、それはアジアの高峰、日本に立ち戻らねばならぬ。我等は神に感謝する。天が我等人類に日本という国を造っておいてくれたことを。』

相対性理論は分からないけど、これは分かる!

fuzi

-その他

Copyright© 蜂パトロール隊 , 2018 All Rights Reserved.