人体 医学 書籍

コラーゲンは食べても塗ってもキレイにはならない

更新日:

美肌を目指すご婦人方には身もふたもない話だが、世間で大もてのコラーゲンは、口から体内に入れても、肌に直接塗っても、全然意味がない。(害ではないようだが)分子生物学の福岡伸一博士(一般には福岡ハカセと言われている)のどれもこれも分かりやすい著書にあるがそうなのである。
福岡伸一      動的平衡

SPONSORED LINK

昨夜も飲み屋で鍋を頼んだら店のお嬢さんが、コラーゲン玉 を熱心に勧めてくれたのであるが、コラーゲンは数種のアミノ酸が結合している高分子タンパクで、それを食べても消化、吸収する小腸では大きすぎて吸収できるものではなく、ひとつひとつのアミノ酸にまずは分解されて吸収される

それではコラーゲンの元が体内に入るからいいではないか、とも思われようが、その程度のアミノ酸であれば通常の食事や体内で作られ、砂漠に砂を撒くほどの効果しかない。健康な体はそういった、食事から摂る必須アミノ酸と非必須アミノ酸により、体に必要な様々な細胞とともにコラーゲンを必要量作り出している。

また、肌に直接塗っても皮膚の下には我々の体を守る頑丈な角質が層をなしており、コラーゲンごときがすり抜ける余地は全くない。考えてもみよう、そんなすり抜けが許されるなら、ペンキでも付いた場合、体の中にまで入ってしまう。コラーゲン入りの化粧水でつるつるになったというのは大抵の場合、それに含まれるヒアルロン酸が、皮膚のでこぼこを一時的に埋めているに過ぎないのだ。

福岡ハカセはこういった、世迷い事に対する是正の意見はたくさんお持ちだが、このような事実は、世のご婦人たちの不興を買うばかりでなく化粧品や化学メーカーを敵に回すので控えておられる為、小生が代わってお伝えする次第である。世のご婦人方、きれいな肌になりたかったら十分な睡眠と、バランスいい食事と、適度のお酒(これが難しい)とストレスフリーの生活に勝るものはありませんよ。

なお、逆説的にこの事実を開示しながら、それでもこれを使うといい(買って)、という勇気あるHPを見つけたのでご参考に。こちら。蛇足ながら、福岡ハカセによれば、人間(と言うより生物)の体は口と肛門を結ぶ”空間”をとりまく筒状のものであり、食べたものが胃に落ちてもそれは体内に入ったとは言えず、小腸で吸収してはじめて体内にはいる、という。

-人体, 医学, 書籍

Copyright© 蜂パトロール隊 , 2018 All Rights Reserved.