歴史 名所・旧跡 歴史・戦争 博物館 演芸・鑑賞 観光

東京から一番近い(大貝塚)”堀之内貝塚” ”歴史博物館” ”考古博物館”

更新日:

千葉県市川市の北の端、松戸市に接するように、堀之内貝塚があります。

009

縄文時代の貝塚で、タテヨコ 225M*120M の高台にその名残を留めています。
貝塚はそこら中にもありますが、東京から一番近い(大貝塚)、としては一見の価値ありです。

SPONSORED LINK

東京からは本当に近いのですが、車だとちょっとややこしいかもしれません。
国道6号で江戸川を越えて、松戸市に入って松戸隧道を抜けて「陣ヶ前」交差点を右折して県道180号を南下。2Km程で、北総線「北国分」駅の交差点を過ぎ、道なりに左折、二つ目の交差点を右折、二本目の路地を右折すると、たどりつきます。
ナビがあれば問題ないものの、案内看板がないので念のため。

電車で行けるなら、北総線「北国分」駅から何と徒歩8分です。

入口に無料駐車場があります。30台位駐車できそうです。
002
この日は、8:50に行ったので一番乗りでした。(もちろん無料です)

貝塚エリアに行く前に、市川歴史博物館が迎えてくれます。
003
開館時間の9:00前でしたが、普通に 入れてくれました。
ここも無料です。

004
入口に展示してあるべか船。

006
海苔の採取シーンのようです。

008
歴史を感じる調度品などなど。

005
なかなかの展示でしたが、照明が暗いのが惜しい。

歴史博物館から坂道を上ると、貝塚エリアです。

009

エリアの中は散策路になっていました。

010
貝殻です。

011
貝塚です。

013
一番高いところから市川方面を望むと、外環自動車道の延長工事がすぐ脇で行われていました。ここらでは、そこらじゅうに文化財が埋まっていいるので、工事の遅れの原因かも。

015
高台では、今度は市川考古博物館が迎えてくれます。ここも無料です。

016
近くで発掘されたクジラの骨格や、

019
縄文時代の生活再現や、

018
ピカピカの館内、

021

無料では申し訳ないような、展示です。

022
受け付けは、お姉さん一人。明るく挨拶してくれました。下の歴史博物館は男性三人、ここ考古博物館も2階に男性が二人、くっちゃべっていました。市川市って裕福なんでしょう。

貝塚探訪を終えて、またまた凄く近くにある戸定邸に足を伸ばしました。
江戸幕府15代将軍慶喜公ゆかりのこの邸宅には以前から興味あったんですが、貝塚のご縁でやっとお目にかかれました。

026
ここからは入っていきます。

025

戸定が丘歴史公園となっていて、歴史館や邸宅以外はフリーに入れます。

024

前後しますが、先が正門、左手前が駐車場。無料ですが、収容12台とか。もっと下に臨時駐車場(結構大きい)もあり、更に整備中でした。

027
新緑のトンネルをくぐって、

028

戸定歴史館です。
慶喜の弟、徳川昭武が将軍名代として、1867年のパリ万国博覧会に行った時の様子です。(館内 撮影不可です)

029
エントランスだけ撮らせてもらいました。歴史館を出て、
031
戸定邸に向かいます。

030
23のお部屋の大邸宅です。

032
ここ入口、入場券確認所。因みに、歴史館、戸定邸の共通券で@240円。リーズナブルです!

033
中庭がいいんです。

035
厠です。左が男性専用。

036
説明ボランテイアを頼んだ方たちと、蔵まではご一緒に。

037
大広間。接客用です。

038
ここから見える庭園が史跡となっています。が、今は整備中で降りられません。

039
居間からの西側眺望。当時、富士山も見えたそうです。

040
どこもかしこもこぎれい、さっぱり。水戸藩らしく、決して華美にはならず、ふすまも絵など描かせず質実そのもの。でも、使っている材料は特上品だそうです。

044
大広間の縁側屋根を支える一本ものの梁。12Mの ひのき とか。

045
お風呂。

048
欄間、鳥。

047
欄間、蝶。

049
中庭から渡り廊下、お風呂を望む。

御苦労 多かった慶喜公ゆかりの戸定邸、堪能しました。

戸定邸を取り囲むように整備されている戸定が丘歴史公園ものんびりしてていいです。
050
大木ときれいな植栽に包まれて、

051
JR「松戸」駅徒歩10分の地に、あるんです。

-歴史, 名所・旧跡, 歴史・戦争, 博物館, 演芸・鑑賞, 観光

Copyright© 蜂パトロール隊 , 2018 All Rights Reserved.