行楽地 観光

つくば梅林、梅まつり満開。この週末まで

更新日:

筑波山の西側山麓、つくばの梅林。今が真っ盛りです。筑波山梅まつり ピークです。

4345

同じ茨城の偕楽園のような、お庭風に整備された園と違って、野性味ある梅林は、ただただ梅が咲き乱れる感があるも、ここつくば梅林は、自然美と鑑賞のための整備のバランスが頗るいい。

SPONSORED LINK

駐車場の混雑を避けるために、公共交通機関での来場を呼び掛けていますが、この日は少し離れた「筑波休憩所」に車を止めて歩いてみようとチャレンジ。
BlogPaint

「筑波休憩所」は、昭和62年に廃線とされた筑波鉄道筑波線のプラットホームと周囲の空き地を残して設けられており、土浦から岩瀬まで続くりんりんロードの一駅。

4316
つくば鉄道の廃線後は「筑波山口」としてバスターミナルにもなっている。

ここから1.5キロほどの道を歩いて梅林に向かったのですが、途中交通量の多い、歩道のない坂道が続くことが分かり、歩きはあっさりあきらめて車まで取って返し、混雑覚悟で車で登山。

駐車場近くで多少詰まったけど、20分ほどで梅林入口へ到着。
但し、隣接の駐車場はいつ空くか分からなかったので、更に先に進んで大鳥居の前、「つくばグランドホテル専用駐車場」に滑り込む。500円。管理人はおらず、「ホテルフロントへ持参して」と緩やかな営業。

4321
駐車場から5分ほどで、梅林のスタート地点。

4320
ここから上方に梅林が待っている。

4323
アスファルト舗装のメイン通路を登っていくと、下の方は白梅が満開。

4328
野点 200円。

4325
メイン通路からは幾本もの岩を並べたような小道が上に続く。

4329
階段状に設えてあり、歩きやすいし、風情も豊か。
梅の花が低い位置で愛でられ、匂いも嗅ぎやすい。

4332

4333
つくば石もごろごろ残され、この巨岩の景色も見ごたえあり。

4335
上の方に来ると、紅梅が。

4337
紅白の梅と、真っ青な空のコントラストは陽春そのもの。

4339
てっぺんには、茅葺の四阿が、

4342
展望台になっています。

4345
四阿の欄干からの眺望。

4348
「つづら橋」。何か所か、きれいな木製の橋がかかってます。

4349
若い木も育てて、来年もその先も。

4351
途中にお土産や兼お休みどころがあり、「梅緑茶」を無料サービス。美味しかった。

4355
お馴染みガマの油売りの芸を披露する舞台や、ガラス張りの休憩所。
つくばと秋葉原を結ぶ新しい線路TXを利用しての来場客が増えたからか、デッキも建物も極々新しい。

4353

紅白の梅に包まれて、惜しみながら梅林を後に。

「つくばグランドホテル」さんの駐車場に戻ってもやはり、誰もいないので”無料でありがとう”とフツーにこのまま出庫しようとしたら、梅の香にあてられたのか、ツレが「お金を払いに行く」と言いだし偽善者となって、坂道をわざわざ登って「つくばグランドホテル」フロントへ。

4357
まぁ、立派なホテルだけど、駐車料金はいりません的な管理しているホテルさんへ、わざわざ・・・。

フロントで、500円を払い(聞けば40人ほど払いに来ているとか。半分くらいはそうなのか・・・)、ついでにロビー見学。

4360
水墨画で特に有名な長谷川等伯先生のきれいな漆画。

4362
などという絵を500円分楽しんで、下山。

4318
最初に車を止めた「筑波休憩所」の横に、大人気のラーメン屋「松屋製麺所」を発見。残念ながらお店では食べられなかったけど、テイクアウトで夕飯に食しました。美味、美味。

BlogPaint

筑波山の麓の予想以上の名梅林、つくば梅林。
梅まつりは今週末3/20(月)まで。一見の価値ありです。

-行楽地, 観光

Copyright© 蜂パトロール隊 , 2018 All Rights Reserved.