関東 名所・旧跡 観光 神社仏閣

関東三大奇祭、命知らずのカエル男が天に上る「撞舞」

更新日:

龍ケ崎に伝わる奇祭、「撞舞」を見学に。ご当地の八坂神社の祇園祭のフィナーレとして今年は7月24日(日)の夕刻から行われた。

018
高さ14Mの柱を、雨蛙の面をかぶった舞男が命綱もセーフティネットもなく、登り、様々演技する。

SPONSORED LINK

015
旧市街地にある八坂神社のお祭りである。

022
県知事もお見えになってお話しするのはいいけど、

021
主役の舞男たちを脇へ寄せて・・・はチト無いんじゃないか。

024
でも、まぁ薄暮の中、神事として撞舞が始まる。

025
登って、

026
こんなことしたり、

028
二人でいろいろ技を見せながら、

029
てっぺんまで登り切り、

031
ふたりそろって、ちょっと呼吸を整えて、

034
おもむろに立ちあがって、弓を射る。

036
足をロープに絡ませているようだけど、コワイ。

037
調子に乗って?こんな技も、

032
こんなところに居るのに、

038
こんなことも、

039
ロープを伝って滑り降りてきて、

040
失敗かと思ったら回転技を入れ、

042
今度はロープを伝い登る。

023
会場の道路は、こう呼ばれ、

019
見学者で埋まる。

033
薄暮に行うのは太陽光から避けるためとか。

043
支えているロープの先には、マンホールに専用に作った杭があった。

危険極まりないだけに見学者もハラハラ、ドキドキだけど、流石関東三大奇祭

-関東, 名所・旧跡, 観光, 神社仏閣

Copyright© 蜂パトロール隊 , 2018 All Rights Reserved.