事件 社会

火事現場に遭遇

更新日:

印旛沼 視察の帰り、前方に異様な煙を発見。よくある野焼き(季節外れだけど)か何かと思ったまま道を進んでいたら、本物の火事。

007
納屋のような建物から火の手が上がっている。場所は成田安食バイパス、安食官堤交差点。本日12:20。

005
交差点で信号待ちしながら、不思議な火事見物となってしまった。お巡りさんもいるが、特に接近を止めたりもしない。

004
ちょっとのどかな消火風景。人への危険がないからなんだろう。

003
でも、火の手は衰えず、煙は風に乗って周囲を覆う。早期消火を祈って(本当に・・・)この交差点を右折したのでした。

火事現場も竹藪だったけど、今はタケノコ真っ盛り。どこに行ってもニョキニョキを見かける。今日早朝、恒例のタケノコ採りに自分の竹林(土地所有権は有していないが、そう思っている)に赴き、15分程で採取。
001
刺し身にして、焼いて、味噌汁にして、煮付けて賞味。採取後30分足らずで調理するので刺し身はもちろんだけど、どれもあく抜きなどせずダイレクトに調理。この時期のお楽しみでした。

-事件, 社会

Copyright© 蜂パトロール隊 , 2018 All Rights Reserved.