未分類

老犬の介護施設 「老犬ホーム ひまわり」 を訪ねて

更新日:

人間様の介護に関する問題も、出口が見えないまま世間を騒がせ、当事者にとっては 地獄 ですらある事実は、自らの老後に思いを巡らせば、それどころではないものの、つくばの 犬のテーマパークにそんな施設があると聞き、訪ねてみた。

140

SPONSORED LINK

筑波山のふもと、「つくば わんわんランド」なる、テーマパークに併設される形で、動物病院 とペット関連学校 とともに、老犬ホーム 「ひまわり」 はあった。

139
明るい感じの老犬介護施設。

家庭で持て余した、老犬を、泣く泣く預け、時折、面会に来る。 人間様と同じ。
終身利用で、小型犬で100万円、大型犬で150万円くらい (by ひまわり)だけど、預ける飼い主にも事情はあるに違いない。

141
日中はバルコニーで 寛ぐ?老犬たち。

143
何を思うか?

142
バルコニーの奥、居室?はパーテーションで仕切られた 個室 で寝る。

145
17歳という 柴犬が、しっかりした佇まいでこちらを見つめる。 うむ・・・。

係の方に聞いたところ、開設以来4年になるが、預けられ、たまの面会を経て、ここで静かに亡くなっていくとのこと。
「飼い主から ”安楽死” を求められたりしたことは?」という、こちらの意地悪な質問には、「実は一件だけあったが、断った」との回答。 続いて「悩める部分ですが、アメリカでこういった教育を受けてきたトレーナーの中には、安楽死も選択肢のひとつ」 との現実的な お話も聞けた。

166

犬も家族同様、それ以上のポジションにいる世の中、人間様だけではないな、と少し暗澹たる気持ちで、老犬ホームを後にし、 ついでに、 本当に ついでに、 犬のテーマパーク 部分も 軽く覗いてみることとした。

136
「わんわんランド」という分かり易いネーミング 入り口。 入場料@1,500円だったけど、この日は 招待券でタダで入れていただいた。
134

135
筑波山のふもと、西側に、さりげなくある 「わんわんランド」 20周年だそう。

137
全高11Mの もっくん こと、巨大オブジェ。 登って周囲を見渡せる。

138
いたるところに、犬の性格や、関わり方の 案内板。

犬と触れ合えるコーナーは、子供も大人もはしゃいで、抱っこ、なでなで。
146
ケージの中は、疲れちゃった子、や、いたずらが過ぎる悪ん坊。

147
精悍だけど、いたずら盛りの子犬。

149
大型犬はおとなしい。

151
座っての 抱っこはOK。

152
腰巻は腰痛防止のよう。

153
いたずら盛りは落ち着かない。

155
コーギーは、ほんのりしてるけど、やはりドンくさい。

156
何だか毛深い洋犬、あまり可愛くない・・・。

157
ドッグレース あり、

159
ドッグショー あり、

163
こいつは、中でも優秀だった アイボ。

165
犬のフラダンスは、腰痛に繋がりそうで、動物保護団体から虐待で突っ込まれそうで心配。

わんわんランド ではあるが、実は ネコ もいる。

167
流石に外を 岩合光昭さんが写すネコのように歩きまわる訳ではなく、 「ねこのおうち」 に会いにいくのだが、

168
こぎれいなスペースに、気品あるネコたちが、

173
ネコ らしく、思い思いに、

170
寝てるだけのや、

172
睨んでいるだけのや、

DSC_0475
そんな中で珍しく おだやかなネコと接触成功。

174
やはり、のんびりやさん、 のおんなのこ、だった。

ねこのおうち を出て、今度は、ワンちゃんレンタルに挑戦。

175
レトリバー を借りて、園内をお散歩。 あまり言うことは聞かない。

177
日陰に来ると、すぐ 休憩。

179
お疲れかな。

178
でも、少しなついて、
途中、柔らかいウンコされて、始末させられて、20分/1,000円 の散歩終了。

退園前に、犬に魅せられた 連れ の要望で、再び、犬とのふれあいスペース、大型犬ゾーンへ。
184
101匹ワンちゃん のダルメシアン は格好いい。

181
ブルドッグ の 鈴之助 君は、器量も、動きも格好悪いこと、この上ないが、不思議な人気者。

老犬ホーム の研究目当てに行ったものの、意外に楽しんでしまった「つくば わんわんランド」 でした。

-未分類

Copyright© 蜂パトロール隊 , 2018 All Rights Reserved.