行楽地 観光

秋の筑波山、渋滞登山は幼稚園児とともに

更新日:

紅葉に色づき始めた筑波山の裏登山道にアタック、したのだが登山口までの林道が愛車プリウスで走るには痛ましくて断念。あきらめて帰宅するのもつまらないので、月並みなつつじヶ丘から何度目かの登山。

CIMG4571
昔から出迎えてくれるガマ。

CIMG4570
その上のガマ。

SPONSORED LINK

富士山ほどではないんだろうけど、老若男女、正確には幼稚園児ご一行と中年、そして世にはばかるあの団塊の世代の方々と秋の筑波山を(人間模様を)楽しんだ。CIMG4573
つつじが丘から女体山頂上を目指す。午前10時、渋滞は始まっている。

CIMG4574
登りはじめてすぐに、つつじヶ丘駐車場方面を振り返って。

CIMG4575
もうちょっと上からも。

DSC_0687
幼稚園児がご父兄に励まされ、懸命に登る。すこぶるマナーがいい。

DSC_0686
おなじみの弁慶の七戻り。

DSC_0690
奇岩。

DSC_0691
出船入船とか。

DSC_0692
またまた奇岩。

DSC_0696
渋滞は続く。下りの登山者のために片側を空けて登るマナーを守る子供たち、と守れない大人。
先頭から四人目の中年おひとり様は、われ関せずと傍若無人に先を急ぐ。中〇人でもないのに。

DSC_0695
大仏に似た奇岩はちゃんと見ている。DSC_0694
マナー守って、でも小休止の年長さんたち。「並んで登るんだようー」という声がかわいい。
すれ違う下りの登山者の団塊の世代と思しきご婦人のイライラした怒声とは真反対。

DSC_0698
女体山頂上。ただただ混雑。

DSC_0699
曇っていたが、流石に眺望はいい。霞ヶ浦が悠然と横たわる。DSC_0701
女体山から少し横に動いての、男体山ケーブルカー乗り場。DSC_0702
案内看板に沿って200Mほど横道に入ると、筑波山随一というブナの大木。DSC_0703
紫峰杉。”紫峰”は筑波山の別名だが、真っ直ぐ伸びるはずの杉が、二つに分かれ(女体、男体)力強く天に向かう。CIMG4572

渋滞を鑑み、下山はロープウェイ。@620円<片道>

感じたこと。
①渋滞時期の登山は避ける。
②子供たち(幼稚園児)はマナーもよく頑張る。
③子供たちは膝が和らかいのか、下りは飛び跳ねて下りられる。
④山歩きで人に会うと挨拶が自然だが、渋滞では皆寡黙になる。
⑤定年後の登山者は多いが、マナーは子供に劣る。(特に団塊の世代の方々は、どこにいっても・・・)

次回は何とか裏筑波を攻略したいと誓って、月並み筑波登山から撤収した。でもそれなりに爽快。

-行楽地, 観光

Copyright© 蜂パトロール隊 , 2017 All Rights Reserved.