名所・旧跡 観光

日本三大古泉、熱海”走り湯”

更新日:

日本の三大温泉や三大名湯というと由来や決め方でも異なるが、別府、草津、有馬、下呂あたりがあげられるが、三大古泉というと有馬、道後と並びこの”走り湯”が称されるらしい。日本でも珍しい横穴式源泉である。

022

SPONSORED LINK

熱海駅から国道135号線を湯河原方面に戻り、車で5分ほど歩いても20分ほどの看板を海側に降りていく。
017

018
途中水量豊かな流れが、伊豆山から滝となる。020
海に向かってさらに降りて

021
ちょっと変わったデコレーションのお家を過ぎると、漁港にでる。海に向かって左折して少しだけ登ると”走り湯”がある。
026
跡とあるのは走り湯の源泉そのものは現在では枯渇し、引湯にての供給だが、それでも相当な湯量を楽しませてくれる。往時は毎分900リットルという膨大な湯量で、それこそ海に向かって温泉が走るかの如くだったらしい。

027
入口。源泉からの湯気でかぼけてしまった。中は白熱灯のみで薄暗く、湯気とボコボコという音に包まれている。

029
波打つように湧き出す湯。

031
構内はサウナ状態で数秒でびっしょり。スマホも心配。032
一人で見ていると怖いくらい。

030
源泉からの引湯管。石造り。

033
出口へ。

024
源泉の上には「走湯神社」

023

034
すぐそばには足湯付展望台。

035
熱いから勝手に水で調整してくれと掲示。

036
こんな景色を見ながらの足湯、タダ。

037
すぐ横の伊豆山港。港内の水は驚くほど透明。038
湯河原方面を望む。秋の伊豆山古泉めぐり。

 

-名所・旧跡, 観光

Copyright© 蜂パトロール隊 , 2018 All Rights Reserved.